1.歯ブラシに1cm程度出す

アパガードリナメルを歯ブラシに1cm程度乗せて歯を磨きます。アパガードリナメルは歯の表面に歯磨き粉の成分を浸透させるように磨きます。

2.綺麗になってほしい前歯から磨く

歯の着色が目立ちやすい前歯から磨きます。アパガードリナメルの成分がより浸透してほしい前歯から磨くことによって、前歯にツヤやハリが出てきます。

3.弱い力で優しく磨く

アパガードリナメルで歯を磨く時はゴシゴシ磨くのではなく、歯をマッサージするように磨いていきます。アパガードリナメルでの歯磨きだけでは物足りない方は、通常の歯磨き粉で汚れを落としてからアパガードリナメルトリートメントするように塗り込んだり、夜だけアパガードリナメルを使ったり工夫してみてもいいのではないでしょうか。


4.うがいは軽く、味が残る程度にする

アパガードリナメルの成分を長く歯に浸透させるため、うがいは5mL程度、手ですくった水の量だけで行うようにしてください。(<a href=http://www.dentaltools.jp/category-25-b0-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%A9%9F%E5%99%A8.html>ホワイトニング照射器</a>)

5.デンタルフロスはうがいをする前か磨く前に行う

歯と歯の間を磨くことは最も重要です。歯磨き後、うがいをする前にアパガードリナメルが口の中に残っている状態でデンタルフロスを行います。それが難しい方は先にデンタルフロスを行ってから、うがいをし、アパガードリナメルをつけた歯ブラシで磨きます。

 6.電動歯ブラシにもおすすめ

アパガードリナメルは研磨剤が含まれておらず、発泡剤も少ないため、電動歯ブラシをお使いの方にも効果的です。

7.ホワイトニング用マウスピースに入れて使用しても効果的

ホームホワイトニングトレーをお持ちの方は、歯磨き後、トレーの中にアパガードリナメルを入れ5分程度、歯に浸透させると虫歯予防が高まります。ただし、ホワイトニング中はこの方法を行わない方がホワイトニング効果は高まります。(歯科 超音波スケーラー

Save

Save