まず現在お使いの入れ歯のどこに痛みがあるのか、どこが合っていないのかを診断し、数回にわけて入れ歯の「調整」をし、痛みなくしっかり噛める状態にしていきます。ただし「調整」だけではある程度の限界があるので、より良い入れ歯を作る為には、新しい入れ歯を作るのが理想です。

また、もし新しい入れ歯を作成する場合でも、現在の入れ歯で痛みなくしっかり噛めるようになってから、新しい入れ歯の型取りを始めます。

ここで大切なのが、「現在ご使用中の入れ歯の合わない(痛みの)原因を調べ、調整する」という過程です。ですので、たとえ合わない入れ歯であっても、初診のときに必ず持参していただき、確認いたします。

入れ歯治療の流れ

1 ご相談および診察・検査

カウンセリングルームにて現在どのような口腔内の状態で、どのような入れ歯をご希望なのかをお伺いします。口腔内の状態を確認するためにお口のチェックやレントゲン撮影などを行い、虫歯や歯周病なども確認します。

2 治療方法の決定

レントゲンなどの検査を用いて総合的に判断し、治療方法や治療期間を相談します。患者様のご希望やご予算にあわせて、いくつかの治療計画をご提示いたします。計画内容はゆっくりとご検討ください。

3 治療の開始

虫歯や歯周病があれば治療が必要となります。現在入れ歯をお持ちの方は入れ歯の調整をします。必要のない方は計画にそって入れ歯の治療を開始します(ストレートハンドピース)。

4 入れ歯の型取り

入れ歯専用の材料を用いて、歯茎の型取りをします(咬合器・ファイスボウ)。

5 入れ歯のかみ合わせ

入れ歯用の歯型模型を使用し、かみ合わせを確認します。

6 入れ歯の歯並びの確認

完成前の入れ歯をお口の中に入れいただき、歯並びやかみ合わせに誤差がないかを確認します。

7 入れ歯の完成

できたての入れ歯をお口の中に入れて、フィット感やかみ合わせを調整します。完成してからは必要に応じて調整を加えていきます。

8 メンテナンス

治療終了後も定期的な管理が必要となります。費用をかけてよい入れ歯を入れても、メンテナンスを怠ると良好な状態が保てません。定期メンテナンスにてよい状態を維持することが肝心です。