インプラント治療は、一般歯科でも受けることができますが、インプラントを専門としているクリニックもあります。それぞれに、どのような特徴があるのかをみてみましょう。

一般歯科(総合診療)

日本の歯科医師法では、歯科医師免許があれば自らの選択でどのような歯科治療を行うこともできます。そのため、虫歯や歯周病の治療をおもに扱っている一般的な歯科医院でも、インプラント治療を実施することは可能です。

通いやすい、かかりつけの歯医者さんに相談できるという気軽さはありますが、専門知識のレベルに関しては、不安が残らないわけではありません。現在の日本のインプラント治療は、こちらが主流になっています。

インプラント専門医院

インプラント専門医院とは、インプラント治療を専門に扱う歯科医院のことです。一般的には公益社団法人インプラント学会が認定する、インプラント治療に関する深い知識と豊富な経験を有した「認定医」、あるいは認定医より高い技能等を有する「指導医」が開院・在籍している歯科医院を指します。

ただ前項のとおり、歯科医師免許があればどのような歯科治療も行えるために、認定および指導医でなくともインプラント治療のみを扱っていれば、専門医院を名乗ることが可能です。そのため専門医院を選ぶときは、学会の認定を受けた医師がいるかどうかをあらかじめ確認しておくといいでしょう(歯科インプラント模型)。

一般歯科とインプラント専門医院の違い

一般歯科とインプラント専門医院の一番大きな違いは、欠歯に対する治療方法です。一般歯科では、入れ歯などによる治療も行っていますが、専門医院では通常インプラントのみです。

もし、まだインプラントと他の方法で迷っているならば、一般歯科で相談してみるのもひとつの選択です。

一般歯科とインプラント専門医院はどちらを選ぶべき?

通常、インプラント治療を受ける場所としては、一般歯科が推奨されます。これは、歯周病で歯をなくしてインプラントにする人も多く、歯周病治療となると、やはり一般歯科の方がさまざまな経験があることが大きな理由のひとつです。

口腔内全体の健康を配慮しながら治療を進めていかなくてはならないため、総合的な管理を得意とする一般歯科の方が安全と考えられているのです(歯科用レーザー)。

しかし、専門医院でなければできないような難しい治療もありますし、最近では歯周病治療にも定評があるインプラント専門医院も増えています。まずは一般歯科でカウンセリングを受け、治療の難易度で判断するというのもひとつの方法です。