あまり歯医者にいらっしゃらない方の場合、虫歯の治療は機械を使って、歯を削るものだと思われているものかもしれません。歯を削られるのが嫌で、痛みをガマンできなくなるまで虫歯を放置してしまう。そして、歯医者に来た時には、かなり悪化してしまっているというケースも多く見られます。

初期段階の虫歯であれば、フッ素入りの歯磨き粉を使って、丁寧なブラッシングを行うことで改善できます。ですが、虫歯がエナメル質の下にまで進行してしまうと、削る治療が必要となってしまうのです。

歯医者が苦手な人にこそ、治療に来ていただきたい。その想いを実現するために、当院では、できるだけ歯を削らない、痛みの少ない治療をめざしています(歯科用ハンドピース)。

可能なかぎり、痛みの少ない治療を

たとえば、麻酔の時には注射のチクッとした痛みを軽減するために、歯ぐきへ麻酔薬を塗る表面麻酔。また、麻酔液を温めることで、麻酔をする際の不快感を軽減します。

治療を怖がっている方の場合、急いで治療に進むのではなく、世間話をしたり、「大丈夫ですよ」などと声をおかけしながら、ゆっくり治療に入らせていただきます(タービンハンドピース)。